郵貯の投信情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 郵便局の窓口で投資信託

<<   作成日時 : 2007/07/01 08:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2005年から郵便局の窓口で投資信託が購入できるようになりました。


もともとは証券会社が独占していた投資信託の販売ですが、ビッグバンと呼ばれる金融改革により銀行での投資信託販売が1998年に解禁され、さらに2005年から郵便局でも購入できることになり、投資信託がますます身近なものになりました。



ところが郵便局のお客さんには貯金しかしたことがない個人が多いために、実は郵便局では投資信託の販売にあたり取り扱う投資信託を公募により選別しています。


選考基準としては、初めて投資信託を買う人にもリスクがわかりやすいこと、分散投資・長期資産形成が可能であることなどが挙げられます。



郵便局の投資信託の品揃えは、最初はまずグローバルバランスファンド、日経225インデックスファンド、TOPIXインデックスファンドの3種類から始まりましたが、2006年には海外株式ファンド、海外債権ファンド、世界REITファンド、国内株式SRIファンドが追加されています。



現在郵便局の窓口では、公募により選考されたこれら7種類の投資信託が発売されており、いずれも順調に販売金額を伸ばしています。


また、2006年末には国内好配当株式ファンド、ターゲットイヤーファンドが新たに公募され、2007年6月頃より発売される予定です。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
郵便局の窓口で投資信託 郵貯の投信情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる